DHAって何?

体に良いということはよく知られているDHAは、ドコサヘキサエン酸(docosahexaenoic acid)の略で、青魚の脂肪に多く含まれる不飽和脂肪酸のことです。

脂肪酸には「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」がありますが、飽和脂肪酸はおもに動物性食品に多く含まれ、エネルギーとして効率よく働く一方で、コレステロールがたまる原因にもなる脂肪です。

しかし、DHAなどの不飽和脂肪酸は同じ脂肪でありながら、コレステロールを減らして血流をよくするはたらきがあり、現代の不規則な生活によるドロドロ血を改善してくれるものとして注目を集めているのです。

DHAはどんな働きをするのか

DHAとともにEPAという言葉もよく聞かれますが、DHAもEPAも血中の中性脂肪やコレステロールを低下させる働きを持っています。

ただし中性脂肪に対してはEPAのほうが、コレステロールにはDHAのほうが効果が高いとされています。

また、DHAは細胞膜の流動性を高め、神経細胞を活性化することで、情報の伝達をスムーズにする働きがあるとされています。

さらに最近では、老人性認知症、高血糖、視力の向上、アトピー性皮膚炎や花粉症などアレルギー疾患などのほか、攻撃性を抑える、神経を安定させる、集中力を高めるといった効果も期待されるといった発表もされています。

現代人はDHAは不足している

昔から日本人は比較的魚を多く摂ってきましたが、食生活の変化によって摂取量は減少してきています。
したがって、DHAとEPAは不足していることになります。

しかし、残念ながら体内で作り出すことができず、食品から摂取する以外はありません。

ちなみにDHAの1日必要量は、0.5g~1g程度とされています。
イワシなら1~2尾、マグロの中トロ刺身なら4切れくらい、サンマなら1尾(60グラム)程度。

ただし、DHAは加熱調理によって失われますので、もう少し多くの摂取が必要かもしれません。
魚離れの食生活が指摘されている現在、サプリメントなどで上手に補給するのも賢い方法かもしれませんね。