アトピーにもDHA・EPAは有効!?

さまざまな刺激やアレルゲンによってアレルギー症状が引き起こされるのがアトピー性皮膚炎ですが、その原因は多種多様で人によって異なり、不明な点も多く、適切な治療が難しい病気の一つです。

しかし、近年、その研究も進み、遺伝的要素などのほか、この疾患の増加原因として食生活の変化があるということがわかってきました。

肉を食べる機会がふえる一方で魚不足となり、肉に多く含まれるn-6系脂肪酸の摂取が増し、魚に多く含まれるEPA、DHAなどのn-3系脂肪酸の摂取不足が生じて、脂肪酸組成や脂肪酸代謝に影響を及ぼすために、アレルギー反応を起こしやすくなったというのです。

ある研究結果では、EPA、DHAを含むサプリメント等を飲み続けたことによって、アトピー性皮膚炎が改善したという報告もあるそうです。

なぜ、DHA・EPAが良いのでしょう

では、なぜDHA・EPAがアトピーに効果があるのでしょうか。

DHA・EPAには、炎症やアレルギーの原因となる「プロスタグランジン」や「ロイトコリエン」といった物質を抑制する働きがあるほか、炎症を抑制する働きがあるビオチンの効果を高める効果もあるため、これらの相乗効果によって、アトピー性皮膚炎の症状を緩和・改善をしてくれのです。

また、EPAには皮膚を厚く丈夫にする効果があり、皮膚表面からのアレルギー物質の進入も防いでくれるといいます。

ただし、DHA・EPAはステロイド薬のよう直接治療を行う薬ではありませんから、大量に摂取したからすぐにアトピーが完治するという性質のものではありません。

きちんと摂取量を守って、毎日続けることが大切ですね。