大切なのはHDLとLDLのバランス

コレステロールと聞くと体に悪いというイメージがありますが、そもそもコレステロールは細胞膜の成分にもなる脂質なので、存在そのものが悪いわけではないのです。

コレステロールには善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)がありますが、中性脂肪の増加などの理由からこの二つのコレステロールのバランスが崩れ、悪玉コレステロールが過剰に増えると、少しずつ血管の壁に付着してしまいます。

これが動脈硬化の原因になるといわれているのです。
DHAやEPAには、この悪玉コレステロール値を下げる効果もあるといわれています。

サラサラ効果でLDL値が下がる!

もともとコレステロール値が高くなる原因は、使われなかった悪玉コレステロールが肝臓で回収されずに血液中にとどまってしまうためといわれています。

つまり、肝臓が取り込むコレステロールの量が増えればコレステロール値を下げることができるということになります。

DHAやEPAの働きとして、血液サラサラ効果があることは広く知られているところですが、これはDHAやEPAには固まりにくいという生理作用からきています。

したがって、DHAやEPAが細胞膜に取り込まれると、細胞壁の流動性が高まり、肝臓への悪玉コレステロールの取り込みがスムーズになるというわけです。

また、善玉コレステロールを減らしてしまう中性脂肪を低下させる働きもあるので、コレステロールが気になりだしたら、DHAやEPAを上手に取り入れてみてはいかがでしょう。