EPAって何?

EPAは、マグロ、カツオ、サバなどの青魚に多く含まれる栄養素で、正式名称はエイコサペンタエン酸といいます。
専門的には多価不飽和脂肪酸と呼ばれ、DHAと同じくその成分は主に脂肪です。

脂肪と聞くとちょっと悪いイメージもありますが、EPAは人間に必ず必要な必須脂肪酸の一つで、しかも体内で生成が行われないため、食事などから摂取する必要があります。

このEPAは、積極的に摂取することによって、さまざまな病気や疾患の予防・改善が図れるだけでなく、脳を活性化するなどの効果も期待できるので、成長期の子供に食べさせると頭が良くなる、アルツハイマー病や脳血管性認知症にも効果があるなどの研究が進められているそうです。

EPAはどんな働きをしてくれるの?

では、EPAには具体的にどのような効能・効果があるのでしょうか。

まず、EPAの役割として見逃せないのが、血液サラサラ効果でしょう。

血液は凝固すると血栓となることもあり、それによって動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、脳卒中、高脂血症などのいくつもの病気の原因となることがあります。

しかし、EPA成分を十分に摂ることによって血液の状態をサラサラにしておくことができるため、これらの病気の予防に効果があるとされています。

また、EPAは、ガンの発病に関係するアラキドン酸という成分の働きを抑え、ガンの予防するにもつながるとも言われています。